« 2020年5月 | トップページ

2020/06/05

理解できなくていい

「奇跡のコース」は、「奇跡」とついていますが、一般的に言われるような「奇跡」ではないかもしれません。

でも、ワークブックを読んでいるだけで「奇跡」を見せてもらえます。体感します。

けれど、それは、「魔術」ではありません。

 

ものの見方、価値観の変容です。

 

そして、それは、強制はされません。

でも、見させられます。体感させられます。

その日のワークブックの内容に応じたことを経験しちゃいます。

 

進めていけばいくほど、おもしろくて、楽しくて、しっかり理解したいと思うようになりました。

完全にひとりで学習できるので(クラス等もあるようですが、わたしは参加しません)、とてもわたしに向いています。

ところが、しっかり理解したいと思って、わたしの中にすでにない価値観(お金・物品、地位・名誉、人との争いごとやうらやましいと思う気持ち…などなど)のことが課題になっているのかなと思うとき、自分の中にまだ何か残っているかも…と無理やり探すようなことをしてしまっていたら、ものすごく怖い幻想、不安を作り出して、それがある種のトラウマみたいになってしまい(まだ残っている)、苦しかったです。

不安を作り出してはそれが消えるということを体験し、また同じような課題(少しずつ繰り返し繰り返し学習します)のときにはそれを思い出し、倒れるのではないかと思うぐらい怖い…ということになりました。

 

なので、やりすぎは禁物です。

さらっと流していても、自分の中に残っているものであれば出てくるし、ないならすーっと通り過ぎるだけです。

「自分で」やろう、頭で理解しようとすると、そういうことになります。

すっと読んで、起きてくること、導きに従えばいいのだと気づいてから楽になりました。

|

« 2020年5月 | トップページ