« 方向転換のタイミング | トップページ | 今年の抱負 »

2011/11/27

ホロスコープ

大阪であった、「筋トレ」主宰の石井ゆかりさんの講座に参加しました。

参加者全員のホロスコープをいただけると案内に書いてあったので、

パソコンに入力して印刷したものをいただけるのかな、と思っていたら、

なんと、ゆかりさんの手書き!

しかも、そのホロスコープから読み取っていただいたことを

メッセージとして書いて下さっていました。

もう、本当に感激しました。

石井さんご本人も、著作から感じていたイメージそのままの、とても気さくで感じのいいきれいな方で、より一層ファンになりました。

うちの娘も一緒に参加していました。

で、娘のホロスコープに書いていただいていたメッセージは、

普段、いろんな人からほめていただいている、娘の特性そのままでした。

常日頃から、「娘のいいところは持って生まれたもの。良くないところはわたしのせい」と思っていたので、「ああ、やっぱり」と納得しました。

しかし、石井さんのお話しが進むうち、「ホロスコープを見ていると、この人のお母さんは恐そうだな。とかわかる」とおっしゃるのです。

と、いうことは。

「言っても言ってもなおらない娘の特性」も、やはり「持って生まれたもの」なのだろう。と思うのです。

「しつけ」で身につくことは親の役目として言わなければなりませんが、「どうしてこの子は!」とイライラしそうなことも、「わたしのせいじゃなーい」と思えば、世のお母さんはずいぶん気楽になるのではないでしょうか?

少なくともわたしは、ずいぶん楽になりました(笑)。

もっと早く知りたかったな。でも、「今知った」ことに理由があるんだろう。

「お母さんはお姉ちゃんにはやさしいのに、わたしには厳しい」と思っているような場合でも、生まれた時の星の配置かぁーと思えば、ほんの少し救われるかもしれません。

「生まれた時の星の配置」には、この人生で自分が学びたいことがギュッと詰まっているのではないかと感じたから、わたしはそう思いました。

とにかく、今回のこのホロスコープは、間違いなくわたしと娘の宝物です。

わたしのホロスコープには、娘が読んでも「どういう意味やろ?」ということが書いてありますが、わたしには思い当たるフシがあります(笑)。

|

« 方向転換のタイミング | トップページ | 今年の抱負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 方向転換のタイミング | トップページ | 今年の抱負 »