« 能力 | トップページ | お墓参り »

2008/02/22

プリン

こやぶかずとよ(吉本新喜劇の座長・小藪千豊)さんの「プリン」の一節がテレビから聞こえてきて、それが流れている間と小藪さんがお母さんへの思いを話している間、涙がぶわ~~っとcrying止まりませんでした。

小藪さんが亡くなられたお母様を思って歌っておられる歌(本当にあったことしか書いていないそうです)です。

すごく心に残ったのが、お母様はものすごくさばさばさっぱりした性格で、それほど「かわいがられた」ようには思っていなかったけれど、入院してほとんど口も聞けなくなった状態で、一生懸命小藪さんが小さかった頃の思い出を話すお母さんを見て、「ああ、大事に思われていたんだなとわかった。」と小藪さんはおっしゃっていました。

お母様の心が、小藪さんに伝わって本当に良かったな…。と思い、涙が出ました。crying

小藪さんは「親が生きているうちに大事にせなあかんで~という思いを伝えたい」とおっしゃっていましたが、私は、「日頃から娘にもっと愛情を伝えよう」という気持ちでいっぱいになりました。もちろん、親も大事にしないといけないですよね。(^^ゞ

CD買おうかな~。

notenotesnotenotesnote

今日もお読みいただき、ありがとうございますshine

|

« 能力 | トップページ | お墓参り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 能力 | トップページ | お墓参り »