« 健康の秘訣 | トップページ | 日記 »

2006/12/03

ポジティブとネガティブとのバランス

最近、娘が浅見帆帆子さんにはまっているので、徐々に浅見さんの本が増えていっているのですが、「ロンドンの勉強―ワクワクの探し方」という、ロンドン留学中の日記をまとめた本を今読んでいます(娘は読み終わったので、私が)。

この本を読んで、ポジティブ思考や宇宙の流れに沿って生きる方法の本を何冊も書いておられる浅見さんも、時にはいろんな葛藤や、不安、不満を感じることがあるのだなぁと、何だかホッとしました。

私もやっぱりそういう時があって、感情が爆発してしまったりするたび落ち込みます。

1ヶ月以上前のことになりますが、コユキさんという方に「開運のあとおし」というセッションをお願いしました。(セッションの詳細は、該当ページをご覧下さい)

1回目のセッションをしていただいて、コユキさんとメールのやりとりをした際、父親に対するネガティブな思いが噴出し(本当にこの字がぴったりなぐらい、出てくる出てくる出てくる…という状態でした!)、メールにつらつらと書き並べてしまいました。

こういうものを送るのも…と思いつつ、

違うことを書こうと思っていたのですが、書き始めるとこういう内容に
なってしまいました。
すごくネガティブな感情を書いてしまってすみません。

というお詫びの一文と共に、そのまま送りました。

すると、コユキさんから下記のような返信をいただきました。

いえいえ。
新しい物がやってくるスペースを作るためにも、たまったものはちゃんと出した方がいいです。
人間はある意味、ポジティブとネガティヴの両方でバランスをとっているのだと思いますし。

「ポジティブとネガティヴの両方でバランスをとっている」この言葉に、ものすごく救われた思いがしました。

人間ですものね。(^^)

コユキさんのセッションを受けて以来、ポジティブに考えながら、ネガティブも否定せず全部出す。を心がけています。

最近では娘から「お母さんが生きているのを見てるだけでおもしろい」と言われるようになってきました(爆)

何がおもしろいのかよくわかりませんが(;^^A かなり自然体でいられるようになりました。

そう言えば、浅見帆帆子さんの本を読んでいると、宇宙の流れにうまく乗っておられるお母様と帆帆子さんがケンカをして不機嫌になっていたりする様子が書いてあるのにも、ホッとします。

私たち親子も相変わらずよくケンカをするので(笑)

コユキさん、浅見帆帆子さん、ありがとうございます!

★★

そして、今日もお読みいただき、ありがとうございます♪

|

« 健康の秘訣 | トップページ | 日記 »

コメント

はたらきざかり♪さん、昨日はありがとう(^-^)
ポジがあればネガもありますよね。
なんか「つねにポジでいこう!」って言われ続けて
息苦しくなったのでした。不自然な気がして。

わたしも散々ネガティブな感情を爆発してきましたよ~(笑)
でもって思ったのは、ネガティブな感情を溜め続けたことが問題
だったってことと、出し方にも色々あるってこと。
判断せずに感じたら感じきって手放す・・・の練習中です。

また、感情をぶつけるのと表現するってのは別物ってことで、
「アサーティブ」というのをこの2年ほど勉強しました。
攻撃的でもなく、消極的でもない、さわやかな自己表現です。
まだまだなんですけど、知ってからは意識しだしてラクになりました。

投稿: makko | 2006/12/04 11:23

makkoさん、コメントありがとうございます♪
( ^-^)_旦""
>息苦しくなったのでした。不自然な気がして。
そうなんです。無理に押さえ込んでると、「そんなんウソやん!」と反発する心まで芽生えてくるし…。そして挙句の果てには「爆発」「噴火」なので、周囲の人もいい迷惑ですよね。(--;

アサーティブとは何だろう?と思い、ネットで調べてみました。
私の目指す、「いい意味での大人の対応」がそこにある気がしました。私もこれからいろいろ見てみたいと思います♪
ありがとうございました!

投稿: はたらきざかり♪ | 2006/12/04 15:35

リンクを張っていただいて感激です。
ありがとうございます。

浅見帆帆子さんの本には、いつもポジティブな内容が書かれているので、読むと元気になります。
でも、そんな方も不満、不安、葛藤があるのですよね・・・そのことを知っただけもここに来てよかったです。

浅見帆帆子さんも人間なんだ~
どんな人でもポジティブな面だけではないんですよね。
ほんとにほっとしました。

投稿: そよ風 | 2006/12/04 18:30

はたらきざかり♪さん、こんにちは☆

ネガを感じきって手放すという技を覚えたら、生きるのがラクになった気がします。ネガって私にとっては「泣きわめく子ども」のイメージなんです。だから、ネガがやってきたら「どうしたー?」とやさしく背中をなでて、よしよししてやりながら話しを聞くと、あっという間に泣き止んで、また元気に遊びに行く、みたいな(笑)。最近は安心しているのか、私の中の「ネガ子」もあんまり泣かなくなりました(笑)。でもネガ子がいるから気づけることもたくさんある。ポジ子同様、大事にしようと思います(^^)

投稿: カヅキ | 2006/12/04 19:16

そよ風さん、コメントありがとうございます♪
( ^-^)_旦""
たまに葛藤・不安等々あっても、基本的にポジティブに考えて流れに乗っていれば、するすると何でもうまくいくんですね♪
帆帆子さんの書かれていることはとても身近に感じられることが多いので、子供と共にはまってます。(^^)

投稿: はたらきざかり♪ | 2006/12/05 09:51

カヅキさん、コメントありがとうございます♪
( ^-^)_旦""
>ネガって私にとっては「泣きわめく子ども」のイメージなんです。
なるほど。「泣きわめく子ども」に対する場合、心に余裕がある時は「大人の対応」ができるんですが、自分の心の余裕がないと、一緒にわめいてしまう(爆)ので、どんな時にも心に余裕を残しておくことが大切ですね。“〆(゜_゜*)フムフム
>ネガ子がいるから気づけることもたくさんある。
そうですね。ネガ子が現れた時って気づきのチャンスですもんね。私も大事にしようっと♪ありがとうございました!

投稿: はたらきざかり♪ | 2006/12/05 09:55

こんにちは~☆

元気そうで♪楽しそうで♪、私も嬉しいです♪

あまりにも「ポジティヴ」志向が強いと、
みんなまだネガも持っているのに、「ほら、頑張りなさい!」って親や学校の先生に昔言われたような気がして(笑)プレッシャーになっちゃいますよね。
今の自分の現実を受け入れ自然体で生きたいですね。
その方が結果的にも早道のような気がします

”今”を大切に、step by stepで行きましょう♪

投稿: コユキ | 2006/12/07 16:32

コユキさん、コメントありがとうございます♪
( ^-^)_旦""
>今の自分の現実を受け入れ自然体で生きたいですね。
そうですね。現実を受け入れたところから次が始まるんだなぁと最近実感しています。
「私はこんなはずじゃない」と思うと、焦りばかりがでてきますものね。「私は今はこうだけど、次はきっとこうなる」という希望を持って一歩一歩歩んでいきます。
セッションを本当にありがとうございました!

投稿: はたらきざかり♪ | 2006/12/07 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 健康の秘訣 | トップページ | 日記 »