« はじめまして。 | トップページ | 今夜は新月です »

2006/03/25

やるはめになったことを…

「素手でトイレ掃除」で有名な小林正観さんの本が、このたび初めて一般流通されるということを知ったので、Amazonで買いました。

宇宙を味方にする方程式 というその本は、ものすごく大きな字で、しかも読みやすい文体なので、仕事の合間にさらっと読めてしまいました。

最近、仕事はこなしながらも「何か違う。私の人生の目的って何だろう」というような強い思いがずっと心にありました。

最近と言いましたが、その思いは定期的に湧き上がってきます。

また、辛い事が起こるのも魂の学びのためというようなことを聞いたり読んだりした時に、以前は納得していましたが、ここ最近は「では、なぜ(何のために)魂は学び続けるのだろうか?」と思ったりもしていました。

そんな私に、この簡単に読めちゃう本は、ズバッ、ズバッと答えをくれました。

未来に自分がどこへ連れていかれるのだろう、自分はどうなるのだろうなどとは考えなくていい。やるはめになったことをただ淡々とやる。

私はこの一文で、自分のこれまでを思い出しました。

私はこれまで、やるはめになったことを一生懸命やってきました。それで現在全部うまくいってます。もしかすると、淡々とやればもっとラクにうまくいくのかも。

・・・余談ですが、この「やるはめになったこと」という表現がとっても気に入っています・・・

また、「○○するとこんないいことが起こりますよ」ということに、「なぜそうなるのか?」という疑問を持つことは、それを受け入れたくないと思っているのと同じという内容もありました。

とにかくそういうこと(いいこと)を、おもしろがってやってみる人が神様はお好きなようです。

私は自分の仕事を淡々と(楽しく感謝して)やっていれば、人生の目的へと自然とつながって行くのだろうと(実際、10年前と今とでは働くスタイルは同じでも仕事内容は全く違いますし)心がスト~ンとラクになりました。

チャクラ写真の記事は、また改めて書きます。

|

« はじめまして。 | トップページ | 今夜は新月です »

コメント

こんにちは~。^^
シンクロというか・・・私も最近考えるのはそういうことでした。
人間万事、塞翁が馬というか。。。
ユメを持つのもけして悪くはないけれど、ユメを持たないで生きるのも充分価値はあることだって思います。
「やるはめになった」っていう言いまわし、素敵でーす♪^^
気になっていた本でしたので、読んでみたい気持ちが高まりました。

投稿: じょん | 2006/03/25 11:46

こんにちは☆
私もこの本、昨日注文しちゃいました!
じょんさんのコメントの「人間万事、塞翁が馬」は私も大好きな言葉です。
「やるはめになったことをただ淡々とやる」。
ただ淡々と・・・うーん、思わずうなってしまいました。
今まではなにかをするときに、いろんなことをあれこれ考えすぎて、複雑にして、結局まずい方向にしてしまっていたのは自分自身なのだとあらためて思いました(^^;

投稿: カヅキ | 2006/03/25 15:23

はたらきざかり♪さん、こんばんは。

「なんでやんなくちゃいけないのよ~」
より明らかに
「やったわ!儲かった儲かった(笑」
と思った方が数倍特した気分が味わえますね^^♪

やるはめになったと人に宣言したとき、もう本音は出ちゃってる気がします。
そこには自分の本当の姿、つまり、やる気や嬉しさ、自信が見え隠れしていて、人にポンっと背中を押してもらえば完璧さっ!みたいな。
ははっ、勝手にそう解釈してる私です。
基本は楽しく感謝してやるですね。

投稿: rara | 2006/03/25 21:58

こんにちは!

「やるはめになった・・・」凄くいいですね(笑)
そう考えると私もいっぱい、やるはめになった事ありますよ~!
それにはたらきざかり♪さんと一緒で、「人生の目的は?」とか、この事の意味は?ってついつい考えてしまいます。
最近は答えのでないものは、深く追求せず、ただやり過ごそうと思い出してたとこですが・・・。
この記事よませて頂いて、改めて、淡々とやっていこう!と思いました。
でも、トイレの素手掃除は、いくら色々な人の良い話を聞いても、どうもやる気になれないんですよ~。←きっとこれも、何かひっかかりがあるんでしょうね(笑)

投稿: らんぎっとびる | 2006/03/25 22:17

じょんさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。
人間万事塞翁が馬、良い言葉ですね!
何が福で何が禍か、一喜一憂せずに楽しく過ごせばいいですね☆
この本には、「お金の途絶えない財布の作り方」なんていう楽しい事も載っていますよ~♪

投稿: はたらきざかり♪ | 2006/03/26 11:22

カヅキさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。
私、会社員時代は物事にいちいち大きく反応する、うるさい小娘でございました。(^^ゞ
一人で仕事をするようになって、「生きるための仕事」という意識になってからは、ひたすら一生懸命ですが、物事に一喜一憂する癖はなかなかなおりませんでした。
今思えば、もっと「淡々と」でよかったかなぁ~と思います。
「淡々と」と言うと薄情な感じもしますが、楽しく淡々と感謝してするという気持ちが大切かな~と今は思っています。

投稿: はたらきざかり♪ | 2006/03/26 11:26

raraさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。
役割を押し付け合いするような話し合いの場にいると、その押し付け合いが面倒くさくなって、「じゃあ、私するわ」と言ってしまい、「やるはめになる」ことの多い、はたらきざかり♪でございます…。(^^ゞ
確かに、引き受けた後は「やるはめになった」と人には言うけれど、腹はくくっているし、結局は良い経験になっているように思います。
それならば、「なぜあの時引き受けてしまったのだろう」とか思わずに、淡々と楽しく感謝してすれば気分がいいですね♪

投稿: はたらきざかり♪ | 2006/03/26 11:34

らんぎっとびるさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。
昨日、「そうか、淡々とやっていこう!出来事の意味をいちいち考えるのはよそう!」と思って出かけたら、出先で「目に映る~すべてのことはぁ~メッセージ~♪(byユーミン)」という歌を何度も聴いて、「どっちやねん!!」と心の中で突っ込んでいた私です。(^^ゞ
自分の心にある夢に向かう時には、きっと悩まずそうせずにはいられない状況になるのだと改めて思ったので、とにかく目の前の山積みの仕事を淡々となんとかします。(=_=)
素手でトイレ掃除、一回覚悟を決めてズボッとやっちゃうと、意外とできるものでした。でも、外出先では無理です…。

投稿: はたらきざかり♪ | 2006/03/26 11:39

はたらきざかり♪さん、こんにちは☆

私も小林正観さんのこの著書、読みたくなりました。
「ただ目の前のことを、淡々と、やる」って、仏教の修行のようですね。
いつも心がけてはいるものの、心の中でつい会話をして、「淡々と」ができない自分がいます。

はたらきざかり♪さんのこちらの記事で、心が少し真っ直ぐになった感じがします。
どうも有難うです♪

投稿: lovemoney | 2006/03/27 19:17

lovemoneyさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。
>心の中でつい会話をして
これ、私もあります。(^^ゞ
ふと、自然にわいてくる感じで…。
ここ数日、「淡々と目の前のこと」を意識してやっているのですが、仕事がかなりはかどります。(^O^)/
この調子で着々とやっていけば、自由時間も増えて楽しいかも♪です☆

投稿: はたらきざかり♪ | 2006/03/28 17:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめまして。 | トップページ | 今夜は新月です »